桜井大神宮

福岡県糸島市にある桜井大神宮は嵐ファンもパワースポットとして大勢の方が訪れるらしい。嵐の桜井君ファンと言う事だろうが、私的には5人の中で最下位だ。

大神宮と言うことで、私も今頃ですか?って感じで行ってきた!

入口はそれほど大きくなく、ドオーンと構えてる訳ではなく、なんじゃいな?みたいな感じ。

ですが中に進むと、ムムムっとただならぬ気配を感じる。静寂と言うことではなく。

まず神社の正門に圧倒される!なんとも立派な屋根を被った正門です。

誰に言われることもなく、1礼して入らんばバチが当たりそうな気になる。

本殿にはポケットに入ってた有り金すべて420円を賽銭箱に入れて、スタッフの豊かさをお願いする。

ですが参拝したところは、桜井神社となってるので、他には・・・と探すと

奥の方に道が続いて階段が見える。ほとんど人影無し!ちょっと違った空気を感じる。

そう!神聖な空気が漂う中に、勝手に入って来るな的な空気です。

しかしここを目的として来たので、鳥居の前で1礼して入ると・・・オオおお

ジーンズなどで来るとこじゃないな。ちゃんと正装して来るべきだった。

相当格式の高い造りです。福岡藩2代目藩主黒田忠之公が1625年に茅葺の社殿を造営と書いてある。

伊勢神宮の内宮・外宮の両宮のご分霊を奉じさせ、ご鎮座いただいたこと始まりらしい。

写真の貼り付けが悪くて、一番上になってしまった。ここは1度行った方がいいですね。

ただ夏場は、蚊に刺されるので虫よけスプレーが必要かも。