SHIN-HOMEの新築住宅構造・仕様について

SPECIFICATION
  • SHIN-HOMEの新築住宅構造・仕様について

家ができるまでの流れ

1. 地盤調査

1. 地盤調査

2. 基礎工事-1

2. 基礎工事

3. 仮設工事

3. 仮設工事

3. 土台敷き

3. 土台敷き

4. 躯体工事

4. 躯体工事

4. 棟上げ

4. 棟上げ

5. 木工事

5. 木工事

6. 屋根工事

6. 屋根工事

6. 外装工事

6. 外装工事

6. 給排水設備-1

6. 給排水設備

6.設備機器設置

6.設備機器設置

6. 塗装工事

6. 塗装工事

6. 内装工事

6. 内装工事

7. 外構工事

7. 外構工事

8. 竣工引き渡し

8. 竣工引き渡し①

8. 竣工引き渡し②

8. 竣工引き渡し②

新築住宅構造・仕様

1.基礎(べた基礎)

基礎(べた基礎)

べた基礎とは建物の真下部部分の全てを鉄筋コンクリートを用いた基礎で施工するものです。 全体の鉄筋を配してコンクリートを打設しています。

上記がべた基礎
上記がべた基礎
上記がべた基礎

上記がべた基礎の配筋をしたところの写真で、全面に鉄筋が組まれているのがわかります。

上記がべた基礎
上記がべた基礎
上記がべた基礎

そして上記がコンクリートを打設した後の状態です

2.断熱材

伸工舎の省エネルギーは最高ランクの等級4

住宅の省エネルギー化は、消費エネルギーの節約や住空間の快適性だけでなく、二酸化炭素の排出を抑えて、地球温暖化対策にも貢献しています。国は昭和55年に省エネルギー法に基づく住宅の断熱性能基準「省エネ基準」を定め、平成4年に「新省エネ基準」、平成11年に「次世代省エネ基準」と、内容の見直し・強化が図られてきました。 また、平成21年には更なる省エネルギー性能の向上を促す措置が導入され、その基準として「住宅事業建築主の判断基準」(住宅のトップランナー基準)が定められました。 これらの基準は一般的には強制力を伴いませんが、たとえば住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の融資において、旧省エネ基準が融資要件となっており、次世代省エネ基準やトップランナー基準を満たすことで、優遇金利やその優遇金利を受ける期間が長くなったりするなどの融資面でのメリットも受けられます。

また、「住宅性能表示」の「温熱環境」については、「次世代省エネ基準」をクリアすれば最高ランクの等級4、「新省エネ基準」をクリアすれば等級3となります。 このように、「次世代省エネ基準」などは、住宅の建築における省エネ・断熱性の重要な目安となっています。

伸工舎では、断熱材は旭ファイバーグラスのアクリアネクストを使用しております。

アクリアネクストは断熱等性能等級4に対応する防湿機密性能の高い断熱材です。

3.サッシ

サッシ

YKK エピソード neo lowE ガス入り

基本性能

毎日のここちよい暮らしは、窓の断熱から

優れた断熱構造
優れた断熱構造

優れた断熱構造

優れた断熱構造

窓の室内側に、断熱性・防露性に優れた『樹脂』のメリットをプラスしたことにより高い断熱性能を実現。窓周辺を外気の影響から守り、不快な結露の発生を減らして、健やかな室内環境を保ちます。

結露を抑制

結露を抑制

アルミ窓と比べて結露がしにくく、お部屋を清潔に保ちます。

省エネ効果

断熱性能が高い「エピソードNEO」なら冷暖房エネルギーを大幅に削減することができ、家計の負担を軽減します。

独自構造による高い水密性

独自構造による高い水密性

引違い窓の下枠は、雨などの水もスムーズに排水される構造になっています。 【年間冷暖房費の試算条件】平成28年省エネルギー基準 「建具とガラスの組合せによる開口部の熱貫流率 樹脂と金属の複合材料製建具+Low-E複層ガラス(中空層10ミリ以上)/複層ガラス(中空層10ミリ以上)」国立研究開発法人 建築研究所ホームページ内「平成28年省エネルギー基準に準拠したエネルギー消費性能の評価に関する技術情報(住宅)」による。

4.外壁

外壁材:ケイミュー光セラを使用しています。

基本性能

・光触媒パワーで汚れにくい

・セラミックコートが紫外線をガードして、色あせ・日焼けを抑える

・ライフサイクルコストがお得

光触媒パワーとは?

光触媒パワーとは「光触媒=酸化チタン」に太陽光(紫外線)があたることで生まれる、有機物を分解うる分解力と、水に非常になじみやすい「超親水性」のこと。さらに「大気浄化」機能もあわせ持ちます。

長期間紫外線をカット

外壁

外壁

無機系樹脂・無機系紫外線吸収剤のダブル効果で長期間紫外線をカット。 長年にわたり着色層をしっかり保護し、色あせ・日焼けを防ぎます。

無機系樹脂
無機系樹脂

小さなことから

私どもの、会社では以前より環境対策への取り組みをおこなってまいました。 太陽光発電システム 蓄電池 住宅での災害時、また、自宅で発電することにより、毎月の高熱費用の削減はもとより、環境対策への貢献にも繋がっております。 ご家族の将来、快適で、安全な暮らしを続けられるよう 小さなことからこの機会にぜひ導入をお勧めいたします。弊社で使用しております、外壁には長持ちのほかに、もう一つ機能があります。 それは・・・大気浄化能力です。

光セラの大気浄化能力は、50坪でポプラ12本分

光セラの大気浄化能力は、50坪でポプラ12本分

光触媒の分解力が大気中の排気ガス等の有害物質を無害化

光触媒の分解力が大気中の排気ガス等の有害物質を無害化

5.コーキング

サンライズ 約30年相当の安心を

基本性能

・高耐候性 従来の変成シリコーン系シーリング材よりも表面耐候性が格段に優れています。
・高接着性 特殊高分子ポリマーの仕様により長期的に優れた柔軟性を維持し、接着性能を維持。応力緩和タイプで目地の動きに追従
・サイディングにベストマッチするコーキング材

サイディングにベストマッチ

サイディング用シーリング材に求められる能力。それは、耐候性・接着耐久性・応力緩和性です。その全てをH100は兼ね備えています。

これらの性能を高いレベルで保有するH100を選定することで、四季折々の厳しい環境に対応します。

・光(紫外線)等の屋外条件下で、暴露した場合のシーリング材の耐久性

・光(紫外線)等の劣化条件における各種被着体への接着性

・シーリング材に一定の変形を加えた場合、シーリング材に発生する引張応力が時間と共に徐々に減少していく特性

メンテナンスサイクル

H100はメンテナンスサイクルが長く経済的なシーリング材です。シーリング材も高耐候タイプを使用することでメンテナンスコストを削減することができ、結果的にトータルコストを軽減できます。

メンテナンスサイクル

伸工舎では購入後のランニングコスト削減も考えコーキング材を選んでおります。
※環境や使用条件によってメンテナンス時期は異なりますので、目安として活用してください。
※品質保証ではなく、補修・交換(有償)時期の目安として活用してください。
※定期点検により、経年による補修が必要な部分が見られた場合は、部分補修してください。

6.土地の安全

地盤調査・土地の品質保証

プラン設計が決まり配置が決定後、基礎配置をもとに地盤調査を行います。
調査結果をもとに、地盤改良が必要なのか、基礎の形状はどう収めるものかを検討して工事を進めてまいります。
調査機関はジャパンホームシールド株式会社にて行っております。

ジャパンホームシールド株式会社

地盤調査解析150万棟の実績!
建築のプロから選ばれる地盤サポートシステム®
3つのポイント
精度の高い調査・解析で、住まいが「不同沈下しないで安全・安心に暮らせる」品質であることを保証します。

信頼の第三者解析

信頼の第三者解析

「疑わしきは地盤補強」をなくし、根拠が明確な地盤対策を提供

JHSは、地盤工事会社から分離している独立した解析専門会社。正確な調査データをもとに、地形図等の多角的データと膨大な過去データによって客観的で精度の高い解析を行います。さらに、基礎・地業の提案は、一般工法からエコ工法まで多種多様の対策方法の中から選択。品質面でもコスト面でもそれぞれの物件に最適な提案をお届けしています。

万が一への万全な備え

万が一への万全な備え

不同沈下しない地盤の品質をお約束。 LIXILグループであるJHSが、不同沈下しないという安心を提供する地盤の品質保証。万が一の事故の時も万全な対応をいたします。

7.建物の安心住宅瑕疵保険

住宅瑕疵保険

住宅瑕疵保険責任保険の加入

伸工舎の義務として住宅品質確保法を厳守しております。 新築住宅に不具合(瑕疵)があった場合には、住宅事業者が費用を負担し直すことが住宅品質確保法により義務つけられています。 保証されるのは、基礎や柱等の構造耐力上主要な部分と外壁や屋根等の雨水の侵入を防止する部分です。 保証される期間は10年間です。

さらなる安心を

木造であることはもとより

木造であることはもとより、建築時の状況、地表の変化色々な条件がかさなりもしもの場合が考えられます。その際に、対応できるかできないかでお客様の安心は変わってくると思います。 そのような状況が限りなく発生しないよう弊社だけでの目だけではなく、第三者機関を入れることで、さらなる安心をつくっております。

住宅瑕疵保険加入により、仮に弊社が倒産した場合でも安心 お客様住宅に不具合がしょうじても、保険会社に直接補修費用を請求できるようなっております。 最大2,000万円の補修費用が支払らわれます。 検査内容 基礎配筋検査 躯体検査

白蟻保証(期間施工日より5年間保証)最大1,000万円までの補修費用のお支払い

白蟻保証(期間施工日より5年間保証)最大1

SHINーHOMEでは、内部の防蟻処理ではなく、外壁下地の木材にも、防蟻処理をした木材を使用しております。 内外と処理をすることでより一層の安心をご提供いたします。

シロアリは木造住宅の天敵

木造住宅の天敵として、白蟻は最大の敵と思います。

木造住宅の天敵として、白蟻は最大の敵と思います。 弊社では、新築建築途中での、防蟻工事を確実に 行うことでお客様により確実な安心をご提供させて いただいております。

契約するまでの流れはコチラ