昭和ロマン

夏真っ盛りで暑いです。確かに晴れてはいるのですが、イマイチすっきりしないのは私だけでしょうかね?いわゆる夏空じゃ無い様に感じてます。このままぼんやりとした晴れで、今年の夏は終わりそうな気がする。お盆が済むと一気に秋から年末になってしまいそうだ。今日は広島に原爆が投下された日です。今一度、平和を考える日のはずなんですが・・・・コロナで霞んでしまってる様にも思える。誰かの話では、死亡率はインフルエンザの方が高いからもっと大らかで良いじゃないのォ的な事を言ってました。そうなんですかねぇ・・・と聞き流しィ。

さて、佐賀県川上峡で寄り道しました。大和インターから三瀬村方面に車で5分位でしょうか。ここに1882年創業の白玉饅頭屋さんの『元祖・吉野家』が有ります。甘いものが食べたくて、ちょうどいいあんばいで饅頭屋さんです。4~5個くらいは食べれそうな一口饅頭です。車で食べるつもりが、奥の方に喫茶コーナーが有り、そこでも食べていいとの事で、白玉饅頭セットもある様で注文する。コーヒーか抹茶お薄どちらにしますか?饅頭ときたら抹茶なんですが、コーヒーにする。コレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり抹茶にしとけばよかった・・・!色合い的にもグリーンの抹茶が正解だったような気がする。白玉饅頭はうるち米と、こし餡で、もっちり弾力があり、こし餡はさすがに伝統製法なんでしょうね甘すぎなく・きめ細やかで滑らかな食感です。3個くらい3口で食ってしまったんで、あと4個追加した。調子に乗りすぎたせいかコーヒーが美味い!!饅頭の器も唐津系のもので品がある。コーヒーカップも良い感じです。饅頭には、きな粉と黒ゴマが添えてある。さり気ない気配りを感じた。一気に食って、ゆったりしてて、はッと気づく座り心地がいい!この店は侮ってはいけない。1階にはテーブルが3個あり3個とも高さ・デザインが違う。椅子は長椅子など9個あるが全部違うデザインです。しかも昭和初期モダンと言うか、革張りの洒落た椅子です。2階も有る様で、客が居なかったので見せてもらった。やはり椅子・テーブルは全部違ってた。コレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれもクオリティー高い洒落た椅子とテーブルだった。お店の方に聞こうとしたが忙しそうにしてたので聞けなかったが、次回行った時に聞いてみたい。椅子・テーブルへのこだわりを聞きたい。ただの椅子・テーブルマニアかも知れん。おそらくそうでは無い!照明はステンドグラス風の怪しい光を反射して、ひと際輝いてる。この照明を使うあたりは只者ではない!コレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここのご主人が持ってるセンスは、とても好感が持てる。

何気なく入った饅頭屋さんでしたが、十分満たされた気分になる。饅頭7個も食ったので、お腹も満腹で胃もたれ気味だが・・・良しとする。お金を払う時ご主人らしき人でしたが普通のオジサンだった。ここのご主人とお店のデザインは明らかにミスマッチ感が強い。元祖・吉野家さんはコロナとか関係なく繁盛してるんじゃなかろうか。