コンテンツ

太陽光発電で家計に貢献

ご家庭で使用する電気代、「太陽光発電」でグッ!と減ります。

太陽の光エネルギーを電気に変え、ご家庭で優先的に使うことができるソーラー発電。 お昼間太陽がサンサンと照っている間は、このシステムでテレビや冷蔵庫、エアコンなどの電化製品を動かすことができます。使っている電気の量よりも、発電している電気の量が多ければ、その間の電気代は基本的には無料です。特別なことは何もせず、気軽に創エネルギーができ、エコな暮らしがはじめられるのです。

余った電力は、電力会社に売ることができます。

電気を自給自足といっても太陽が出ていない夜などは、従来どおり電力会社から電気を買うので、電力会社ともつながっています。昼間に発電し、余った電気は電力会社に売ることができます。売る電気と買う電気のやり取りは自動的に行われ、特別な操作は要りません。月単位で買った分の電気代は電力会社に支払い、売った分の電力料金はお客様の銀行口座に振り込まれるカタチが一般的です。

太陽光発電システム

1 太陽電池モジュール
太陽光のエネルギーから、直接電力を発電します。
2 接続箱
太陽電池からの配線をまとめて、パワーコンディショナに送ります。
3 パワーコンディショナー
太陽電池からの配線をまとめて、パワーコンディショナに送ります。
4 室内分電盤
パワーコンディショナから電力を家庭用に分配します。
5 電力量計
売る電力と、買う電力を測ります。

停電のときはどうする?

停電時でも、太陽電池モジュールが発電できる状態であれば、パワーコンディショナの「自立運転」モードに切り替えることで、システム専用コンセントを使ってAC100V(最大1.5KWまで)が利用できるシステムもあります。 「自立運転」モードを使用するには、専用コンセントの取り付けが必要です。(停電時には、ご家庭のコンセントは使用出来ません。)

■ 対応モデル、および「自立運転モード」への切り替え方法等の詳細については、弊社へお問い合せください。
■ 自立運転時に電力を使用できるのは、太陽電池が発電している昼間だけです。
■ 自立運転モードは、停電時の非常用電源としてお使いいただくための機能です。停電が回復したときは、通常の連携運転モードに切り替えてください。
■ 長時間にわたる停電の場合、サービス点検による自立運転設定を必要とする場合があります。